データの管理

アイデアのイメージ

社内間のデータ移動や閲覧

パソコンやインターネットの普及により、情報ネットワークの世界というのは格段に広がりを見せましたが、それに伴い個人情報が流出する問題があったり、また会社の情報を簡単に持ちだし悪用するケースも中には出てきています。社内間におけるデータの移動や各パソコンからの閲覧制限など、設定を行えばある程度そういう問題が防げるかもしれませんが、逆に制限をする事で、仕事の効率が悪くなってしまい、結局そういった大事なデータの保護を疎かにしがちな企業は沢山あると思います。会社ではとりあえず部署が違えば部署を越えてのパソコンの閲覧権限を制限していますが、人によってはその部署に行ってわざわざパソコンを見る人もいるため、社内外問わず、データ送信などはとても簡単に出来てしまう部分は問題かもしれません。

社内社外へのデータ送信について

最近会社では不要なデータ送信作業や、またデータ送信等で情報が流出しない様にデータを画像やPDF形式に置き換えて対応する様指示が出ました。またそれに伴って全社のパソコンでUSB等の記憶媒体の接続が出来ない様にも設定しました。もちろん会社の情報流出を防ぐためですが、今考えると会社の対応も随分遅いものだと感じています。最近では取引先各社とやりとりしていても、データに関してはもっぱらJPEGやPDFといった形式でデータをやりとりする事が増えてきました。またエクセルデータ表に関しても数式が入っているデータは出来るだけ値化したデータ内容に保存し直して必要な部分だけデータ送信する様に規定も出来ました。今まで個人の考えだけでデータ管理をしていましたが、やはり会社は個人のものではありませんので、今後こういった社内情報の管理というのはもっと厳格化していく事は間違いないでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加